ファッションへのこだわりを持つ人が増え、自分でデザインしたオリジナルTシャツを作成する人たちが大勢います。

コーデを楽しく

TOP > オリジナルTシャツ > オリジナルTシャツやトートバッグ

オリジナルTシャツやトートバッグ

おうちで、オリジナルTシャツを作ってみませんか?

ネットで無地のTシャツを手に入れて、染めてみたり、襟元を刺繍してみたり、英字でメッセージを入れてみたりと、バラエティ豊かに楽しむことができます。パッチワークも手芸展にいくとたくさん売っていますので、コラージュしてみるのも楽しいかもしれないですね。

学校の部活やサークルなどのTシャツを作成することもできますので、上手くできたら量産してみてはいかがでしょうか?

ただし、質の内容を考えると専門のお店に頼んだ方が、品質ともに良いように思います。価格もそれほど高くないので、長く愛用したいチームのTシャツなどはオリジナルTシャツ専門のお店に依頼しましょう!

また、オリジナルで作れる商品としてTシャツ以外にも、トートバッグやキャップなどの商品がありますので、お揃いで作成してみるのもよさそうですね。

トートバッグやキャップなどは、チームで大会や遠征などのたくさんの人にまみれても一瞬で見分けがつくような色、柄にしておくと役に立ちそうです。

オリジナルTシャツで自分のスタイルを確立してみるのもいいですね。

オリジナルTシャツでチームワークを発揮

職場やスポーツチーム、趣味のサークルなどで、イマイチ打ち解けておらずチームワークを発揮できないという場合、オリジナルTシャツを作って交流を深めてみてはいかがでしょうか。

自分達でデザインしたお揃いのTシャツを着れば、自然と仲間意識が高まります。オリジナルTシャツは好きなデザインにできるだけでなく、素材も選べます。汗をかきやすい職場やスポーツチームではドライTシャツ、高齢者のサークルには肌触りのよい綿100%のTシャツがおすすめです。大会やイベント毎に新しいデザインのものを作成すれば、思い出作りにもなるでしょう。

才能もツールも不要なオリジナルTシャツのデザイン

ユニフォームとしてはもちろん、団結力を強めるツールに、広告に幅広く活用できるオリジナルTシャツです。最近ではインターネットから手軽に注文できるため、個人で作成するケースも多いようです。しかしデザインが難しそうと思う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、デザイナーにデザインを作成してもらえるサービスです。手描きの図案をもとにイラストを作成する、レイアウト案を出すなど、このサービスを利用すればデザインセンスや専用ツールがなくても、思いどおりのオリジナルTシャツが作れます。企業ごとに提供するサービスや料金が異なるので、いろいろと比較してみると良いでしょう。

オリジナルTシャツのプリントの種類とその値段の比較

オリジナルTシャツを作成するにあたり、どのプリントにするかを選ばなければなりません。そこで、そのプリントの一例と値段の比較をしていきたいと思います。プリントの種類として、「インクジェット」「シルクプリント」「転写プリント」などが挙げられます。

また、インクジェットの中でも淡色・濃色・総柄(フルグラフィック)・抜染などと言った種類があるのですが、色をとても使う種類である総柄が1番高く、1枚当たりの単価は6000円とされています。また、色をあまり使わない淡色が安く、1番小さいサイズで1250円です。いずれも大量発注すると単価は大幅に変化しますので、使用するのであれば大量発注がおすすめです。

残念でないオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツでまず思い浮かぶのは、高校や大学の学園祭や体育祭で作成するクラスTシャツでしょう。このクラスTシャツは、高校などで作成する時はついつい予算ばかり気にしてしまいがちですが、やはり青春の思い出を彩るものなのであまり残念にならない様にしなければいけません。

よくある失敗例は、安いからと薄手の白Tシャツを選んだら下着などが透けてしまうことがあります。色やロゴにはこだわったのに、Tシャツの形を考えず襟元が詰まったTシャツも不評でしょう。せっかくのクラスTシャツなので色や形、ロゴデザインに力を入れて、後で写真をみても笑顔になる仕上がりを目指しましょう。

オリジナルTシャツ関連

メニュー

TOP Tシャツ オリジナルTシャツ サークル内でオリジナルTシャツ Tシャツ作成 Tシャツ作成の支払い方法

居酒屋などのユニフォームとしてオリジナルでTシャツを作成したいならまずはこのサイトをチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら

Tシャツ作成