ファッションへのこだわりを持つ人が増え、自分でデザインしたオリジナルTシャツを作成する人たちが大勢います。

コーデを楽しく

TOP > Tシャツ作成 > Tシャツ作成の生地について

Tシャツ作成の生地について

Tシャツを作成する際の生地の名称や特徴についてご説明します。

カットソーの特徴
・裏起毛は裏毛編の裏側を引っ掻き起毛させたものです。
・天竺は横編の最も基本的なもので、軽く横方向に伸びるので、Tシャツに良く使用されています。
・ハニカムメッシュは蜂の巣状の凸凹の編み目が特徴的です。
・裏毛は三種類の糸を用いて編みます。パイルの形状をしているので、生地と肌の間に空気を含み着心地は快適です。
・鹿の子は平編の変化組織で、鹿の子状のような隆起があるのが特徴です。通気性が良くポロシャツなどに使われます。
・ポリエステルメッシュはポリエステル100%で、速乾性や通気性に優れています。

布はくの特徴
・平織はたて糸とよこ糸が組み合わさった簡単な編み方で、タフタなどがあります。
・綾織りは斜めの綾線が特徴で、地厚な生地となりツイルなどがあります。

Tシャツを作成する際には、どうぞご参考になさって下さい。

部活動用にTシャツ作成する

学生時代には部活動をしている人が多いですが、部活動では動き回りますので着替えなどがすぐに必要になります。特に練習の際にはユニフォームなども切ることができませんので、着るものに困ってしまう子供もいるようです。

そうであれば、部活動用にTシャツ作成するのはどうでしょうか。部活動用のTシャツについては、ナンバリングすることで、みんなでおそろいを着用することもできます。Tシャツの生地については、汗を吸い取るような素材にするようなこともできますので、最適なTシャツを作成することができるでしょう。みんなでメッセージを書いたりするようなこともできます。

Tシャツ作成のデザインは著作権侵害に注意

文化祭や企業PRの一環として、オリジナルTシャツを作成するシーンも多いです。自由にデザインして気軽に作成することができるのが魅力ですが、Tシャツ作成業者を利用する場合に注意しなくてはいけない点もあります。

例えば、アニメのキャラクターや有名人の顔写真を勝手にプリントするのは、著作権や肖像権の侵害となります。そうしたデザインのTシャツ作成は、権利者にきちんと許可を取らないと訴えられてしまうこともあり、多額の賠償請求をされたケースも存在します。著作権侵害の恐れがあるデザインについては、作成業者から制作を断られてしまう場合もあります。

オススメの オリジナルTシャツ作成シーン

最近はスマートフォンやアプリの普及により、良心的価格で、誰でも簡単に、一枚から、オリジナルTシャツが作れるようになりました。これは部活動やサークル活動でお揃いのものを作成するのは昔からよくされていましたが、今はもっと多様なシーンで利用すると面白いです。

例えば、家族旅行に行くときに、子供の描いた絵をオリジナルTシャツにして、旅先に行って家族で着たり、修学旅行に行く時にグループみんなでお揃いのTシャツを着て写真に収めるのもいい思い出になるでしょう。人前では恥ずかしくても、お揃いのTシャツを家族でパジャマがわりに着るのも、子供はとても喜びます。

オリジナルグッズを作りたいならTシャツ作成がおすすめ

イラストを描いたり、写真を撮影するのが趣味という人もいるでしょう。作品を気軽にSNSへアップできる時代ですが、手元に残るアイテムを作りたい場合におすすめなのがTシャツ作成です。個展を開いたときにオリジナルグッズを販売することもできますし、自分を印象付ける宣伝効果も得られます。

おしゃれなデザインに仕上げるのもよいですし、触り心地の良い生地を選んで部屋着として活用してもらうのもよいでしょう。一枚から作成できるので、自分の分だけあればいいという場合にも便利です。グッズ販売を前提としている場合は、大量注文すると一枚辺りの単価を下げられます。

Tシャツ作成関連

メニュー

TOP Tシャツ オリジナルTシャツ サークル内でオリジナルTシャツ Tシャツ作成 Tシャツ作成の支払い方法

居酒屋などのユニフォームとしてオリジナルでTシャツを作成したいならまずはこのサイトをチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら

Tシャツ作成